もてる女の好感度UPのメール

携帯メールでは、できるだけ簡潔に用件だけを伝えるほうがよいとされています。

だからこそ、いかにその「簡潔な文章」の中に女性としての気遣いをしのばせ、好感度を上げるチャンスです。
これが身に付けば、ビジネスだけではなく、最も気遣いが必要なお義母さんとも良い関係を築くことができるでしょう。
そんなメールの作法についてお話していきます。




■ 美しさにこだわる


どんな名文・美文であっても、誤字や脱字があったのでは興冷めです。
ですから正しい表記で文章を作っていくのは必須条件です。

最近はパソコンや携帯を辞書代わりに使えるので、わざわざ辞書を引いて調べる事もほとんどなくなりました。
実際にパソコンや携帯で文字を入力すると、自動的に漢字変換され、いくつかの候補の中から使いたいものを選ぶだけです。
それだけに、以下のように漢字の変換や送り仮名、そして表記を間違えたまま使っている文章も多く見受けられます。

間違えやすい誤字
×「今だに」       ⇒「未だに」
×「絶対絶命」     ⇒「絶体絶命」
×「人の上げ足を取る」⇒「人の揚げ足を取る」 
×「掻き入れ時」    ⇒「書き入れ時」

下記のような「わ」「は」、「じ」「ぢ」、「づ」「ず」の使い分けも、間違えやすいので注意が必要です。

間違えやすい仮名
×「こんにちわ」   ⇒「こんにちは」
×「少しづつ」     ⇒「少しずつ」 
×「ひとつづつ」   ⇒「ひとつずつ」
×「いづれは」    ⇒「いずれは」

忙しい仕事や家事の合間や、移動中にメールもやりとりする事も多いので、その度に文字の正しい表記や使い方を調べていられないという気持ちもわかりますが、よく使う言葉だけでも、もう一度正しい使い方ができているか、確認してみましょう。



★モテない女からモテる女へ~5分で男に恋をさせる魔法~
23年間まったく男に相手にされなかった負け組女が、たった半年で13人の男性に告白された!究極の恋愛術!

★魔女の条件 
愛する人の心を思いのままに操る方法  これを知れば男ゴコロは必ずつかめる! 数え切れないほどのイイ男を狂わせてきた モテ女王”藤咲あやか”の魔性の女養成講座 小悪魔な女になる方法


                        >> もてる女の好感度UPのメール~相手の状況